アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
名曲 怖いもんなし!
ブログ紹介
こんばんは 「岩詩人」です。現在も名曲、名盤を探求する不惑の40代である。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
Nils Lofgren / 「Back It Up」
Nils Lofgren / 「Back It Up」 ニルス・ロフグレン(Nils Lofgren)といえば、二ール・ヤングやブルース・スプリングスティーンのバックメンバーとして人気を得たギタリストであるが、ソロアーティストとしても数多くのアルバムを発表している。 元々、彼は60年代終盤からグリン(Grin)というバンドの中心メンバーとして活動しており、’71年から’74年にかけて数枚のアルバムを制作しているが、そのどれもが(特にセカンドの『1+1』)埋もれさせてしまうには惜しい傑作ばかりである。 グリン解散後、二ール・ヤングのセッションに参加... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 33 / コメント 14

2006/10/07 22:42
Goerge Harrison / 「Miss O'dell」
Goerge Harrison / 「Miss O'dell」 ジョージ・ハリスンの『Living In The Material World』(’73年)がリマスター&ボーナストラック付きで発売された。(スペシャル・エディッションはDVD付き) それこそ耳タコになるほど聴きこんだアルバムにもかかわらず買ってしまうのだから、ファン心理を巧妙に突いた見事な販売戦略だなといつもながらに関心してしまう。 80年代のFM深夜放送(確か土曜日の夜)でアルバムを丸ごと全曲オンエアするという非常にありがたい番組があったのだが、その中で元ビートルズのソロアルバム特集をし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/10/03 00:58
Diana Ross / 「I'm Coming Out」
Diana Ross / 「I'm Coming Out」 ’80年の多分今頃の季節、当時中学生の私はラジオのFM放送をエア・チェックする事に青春の炎を燃やしていた。 なぜならエア・チェックはタダであり、かかる経費は安いカセットテープ代くらいのものだからである。 以前にも記事にしたが、’80年はジョン・レノンの悲劇的な死で年の暮れを迎え、思春期の私にも何かしらの影を落としたように思える。 とは言え苦い思い出ばかりではなく 「Starting Over」 は私にとってラジオのエア・チェックという形ではじめてリアルタイムで聴いたジョン・レノンの新曲であり、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/30 03:24
Maria Muldaur / 「The Work Song」
Maria Muldaur / 「The Work Song」 最近、発掘してよく聴いているアルバムの中にマリア・マルダー(Maria Muldaur)のソロデビュー・アルバムがある。 発掘といってもレコ屋やネットでの事ではなく自宅に埋もれていた物達の事であり、大概が一度聴いたきりイマイチだなと判断して戸棚の奥に追いやられていた不幸なアルバム達なのである。つまりは自分の辛抱が足りないせいなのだ。 マリア・マルダーの場合はちょっと勝手が違い、このアルバムを手にした直後に他のアーティスト(恐らくスティーリー・ダンか何か)にハマってしまい、良いと知りつつもただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/09/17 19:16
ビートルズ仮想アルバム 『裏盤』
英米のヒットチャートでNO.1を獲得した曲のみを収録したビートルズのベスト盤 『The Beatles 1』 は’00年11月に発売され’01年度だけで百万枚を越す売上を記録し、このモンスターバンドの凄さをあらためて知らしめる事となった。 もちろんこのベスト盤だけではビートルズの本当の素晴らしさを理解することは不可能であり、それはもっと曲数の多いベスト盤の 『赤盤』、『青盤』にしても同じことだと思う。 なぜならビートルズのオリジナルアルバムこそ彼らのベストそのものだからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/05/14 01:50
Tom Petty & The Heartbreakers 「Louisiana Rain」
Tom Petty & The Heartbreakers 「Louisiana Rain」 リッケンバッカーの12弦ギターを抱えた姿が実にかっこいいジャケがその内容を物語っているようなアルバムであるトム・ペティー&ザ・ハートブレーカーズの『Damn The Torpedoes(破壊)』(’79年)は彼らの初期の代表作である。 中心人物のトム・ペティーはボブ・ディランやバーズといった60年代のフォ-クロックに強い影響を受けており、ファーストアルバムでは 「American Girl」というバーズ風の曲をスマッシュヒットさせている。(面白い事にこの曲は元バーズのロジャー・マッギンにいち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 3

2006/05/05 03:25
Glenn Frey 「I Found Somebody」
Glenn Frey 「I Found Somebody」 ’80年代はじめ頃のある日、友人のT君が「グレン・フライがソロを出したけど、結構よかったよ」とつぶやいた。 普段イーグルスなど聴きそうにもない(というかこき下ろしていた)彼がそんなことを言うなんてめずらしいなと少し驚いた記臆がある。 彼が聴いたのはグレン・フライの初ソロシングル 「I Found Somebody」であり、のちに私が耳にした時もイーグルスとは少し趣の違うソウルを感じさせるナンバーだと感じたのだった。 もちろんイーグルスもソウル風の曲を多く演っているのだが、彼らがウエスト・コー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/05/02 01:51
究極のロック100曲!98位〜100位
98位 : アル・グリーン 「Love And Happiness」 ’72年 最高位3位 アル・グリーンは元々ゴスペル出身であり、ゴスペルのアルバムも多く出しているが、彼の最も得意とするところは「Let's Stay Together」やこの「Love And Happiness」のようなセクシーな雰囲気の曲であろう。 特に70年代前半は彼の全盛期ともいえ、ベスト盤 『Greatest Hits』(’75年)には上記の2曲の他にも、「Tired Of Being Alone」、「I'm S... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2006/04/30 00:24
『自分が格闘家なら、この曲で入場するぜ!バトン』
またまた、「Super☆Rock」のスティーヴンスKさんからバトンをいただいた。 内容は 『自分が格闘家なら、この曲で入場するぜ!バトン』というものだ。 http://superrock.seesaa.net/category/1436244.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/04/29 01:06
究極のロック100曲!94位〜97位
94位 : リトル・リチャード 「Good Golly Miss Molly」 ’58年 最高位10位 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2006/04/28 22:31
究極のロック100曲!91位〜93位
91位 : エルヴィス・プレスリー 「Suspicious Minds」 除隊後のエルヴィスはロック史上最も重要な時期である60年代の大半を映画制作に費やしていた為、時代はすでに彼を追い越してしまっていた。 ’68年にハリウッドから引き上げたエルヴィスは音楽活動を再開するため、故郷のメンフィスに戻り 「Suspicious Mind」 というこの感動的な曲を録音した。 そしてこの曲は見事ヒットチャートの1位を獲得し、当時のポップ、ロックシーンに即座に追いついてしまったのだ。 同時期に制作さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 8

2006/04/26 17:45
究極のロック100曲!88位〜90位
88位 : ザ・テンプテーションズ 「My Girl」 この曲との出会いはローリング・ストーンズのアルバム『Flowers』でのカヴァーだったのだが、風変わりなギターリフがとても印象に残っていた。 しばらくして、このテンプテーションズのヴァージョンを聴いたときは ハンマーで頭をガツンと打たれたような衝撃を受けた記臆がある。 モータウンの偉大な男性グループのテンプテーションズはこの曲のリードヴォーカルをとったデヴィッド・ラフィンとファルセットヴォイスのエディー・ケンドリックスの2枚看板が在籍し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/22 19:29
究極のロック100曲!84位〜87位
84位 : ポリス 「Every Breath You Take」 マイケル・ジャクソンの曲と同様に、ポリスの「見つめていたい」も80年代を代表する曲に違いない。 MTV全盛の時代ということもあり、この曲もヴィデオ・クリップのイメージが強く残っている(というか今でもよく流れる)。 アップライト・ベースを弾きながら歌うスティングが時折アップでにらみつけて雰囲気をだしていたモノクロ映像のあれである。 アンディー・サマーズのミュート気味に奏でられるギターフレーズは曲全体を支配している。 スティン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/21 18:56
究極のロック100曲!81位〜83位
81位 : ファッツ・ドミノ 「Blueberry Hill」 昨年、アメリカ南部を襲ったハリケーンの被害はジャズ、R&B発祥の地であるニューオーリンズを飲み込んでしまい、地元の伝説の巨匠ファッツ・ドミノが一時行方不明になり日本でも報道されたことはまだ記憶に新しいところだ。(その後生存確認され一安心だったが) ファッツ・ドミノといえばニューオーリンズ特有の陽気でリズムカルなブギウギピアノとヴォーカルが印象的で、それは「Ain't That A Shame」のようなR&B曲に代表される。 「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/15 18:25
ストーンズ伝説の目撃者バトン
3月のストーンズの来日コンサート。 先日、中国での初のコンサートも話題になっていたが、なんと残念なことに今回は都合が悪く行けなかったのであります。(涙涙) そんな後悔の念にとらわれていたところに波野井露楠さんから『ストーンズ伝説の目撃者バトン』をいただいた。 http://hanoi-stones-trex.at.webry.info/200604/article_1.html ストーンズに関する4つの質問に答えて5人にバトンを回すというものだ。 遅まきながらやってみましょう! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2006/04/12 03:52
究極のロック100曲!79位〜80位
79位 : ザ・バーズ 「Mr.Tumbourine Man」 以前にも記事にさせてもらったが、バーズとの出会いは同じくディランのカヴァー「All I Really Want To Do」の方が先だったのでベスト盤を購入してこの曲を聴いたときにはさほど衝撃を受けなかったような気がする。 ただ、60年代中期においてフォ-クソングにロックのビートを取り入れ<フォーク・ロック>というジャンルを生み出した初のシングルとして重要な曲であることは確かだ。 このデビューシングルのレコーディングに参加して... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/04/12 02:23
究極のロック100曲!76位〜78位
76位 : ザ・ビートルズ 「Strawberry Fields Forever」 ピッチもテンポも違う2つのヴァージョンを調節しながらつなぎ合わせて1つにまとめてしまったという奇跡のような曲(60年代ということを考えるとだが)。 プロデューサーのジョージ・マーティンとアビー・ロードの優秀なレコーディング・スタッフがいなかったとしたら、67年以降のビートルズの曲はもう少し違ったものになっていたかも知れない。 例の「アンソロジー・シリーズ」でこの曲の元の2つのヴァージョンが収録されたが、テンポ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/09 22:07
究極のロック100曲!74位〜75位
74位 : スティーヴィー・ワンダー 「Superstition」 ’72年作の 『Talking Book』 はスティーヴィー・ワンダーにとってそれまでのモータウンのヒット量産スタイルから卒業する記念碑的名盤となった。 もしかしたら前年のマーヴィン・ゲイの『What's Going On』の成功が刺激になっていたのかもしれない。 ただ、ワンダーのすごいところは作曲、演奏の大部分をひとりでこなしているところであり、このファンキーな「迷信」もホーンセクション以外はほとんど彼の一人舞台である。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/04/05 00:34
究極のロック100曲!71位〜73位
71位 : ビーチ・ボーイズ 「California Girls」 「California Girls」のスペクター風のエコーがかかったイントロを聴くと、サーフィンやホットロッドを主題とした初期のサウンドと 名盤『Pet Sounds』の中間に位置する過渡期の曲である事がよくわかる。 プロデューサー業に専念しはじめていたブライアン・ウィルソンは当時の録音技術に限界を感じていたのか、各トラックに重ねられた音を一度モノラルにまとめ、わざと擬似ステレオ化するという苦肉の策をとっている。(残念ながら『... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/04 01:24
究極のロック100曲 68位〜70位
68位 : ボブ・ディラン 「Tangled Up In Blue」 70年代におけるディランの最高作 『Blood On The Tracks』(75年作)のトップを飾る名曲。 <ブルーにこんがらり>ながら展開される物語は彼自身の結婚生活の終焉を示すものでもあったらしい。 この曲とアルバムのラストを締める「Idiot wind」にはそれぞれ別ヴァージョンのアウトテイクが存在するが、そちらの方がよりアコースティックで哀愁的な感じに仕上がっていて私は好きだ。 どちらも『The Bootleg... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/03/21 16:36
究極のロック100曲!66位〜67位
66位 : ボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズ 「Redemtion Song」 ボブ・マーリィの最後のアルバム’80年作 『Uprising』のラストを飾るアコースティックな名曲。 ローリングストーン誌の記事をそのまま借りてしまうと、 自由賛歌のこの曲について生前のボブは 「ああいうものをもっと作りたい」 と語っていたらしい。 彼が生きていたとしたら、この曲はボブ・マーリィの音楽の新たな方向性を指し示すものになっていたかも知れない。 だがその数ヶ月後に彼は亡くなってしまい、「Redempt... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/15 20:37
究極のロック100曲!63位〜65位
63位 : バッファロー・スプリングフィールド 「For What It's Worth」 バッファロー・スプリングフィールドはスティーヴン・スティルス、二ール・ヤング、リッチー・フューレイらが在籍した60年代の伝説的なバンドとして有名だ。 「For What It' Worth」はスティルスが書いた曲であり、彼らの唯一のヒット曲だ。 この曲は最初はファーストアルバムに収録されていなかったが、シングル盤がヒットした為、曲目を変更して再発されたという逸話が残っている。(現在のCDではそのどちら... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/03/12 00:02
究極のロック100曲!61位〜62位
61位 : ジェリー・リー・ルイス 「Whole Lotta Shakin' Going On」 ジェリー・リー・ルイスはロックン・ロール創世記に多大な功績を残したメンフィスのサン・レコードの重要なアーティストのひとりだ。 ルイスは激しいピアノプレイと大げさなパフォーマンスのおかげで白人版リトル・リチャードといった印象を受けるが、そのヴォーカルスタイルは奔放なようでいて静と動が実に上手くコントロールされている。これは恐らく天性のものだろう。 「Whole Lotta Shakin' Goi... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2006/03/09 00:39
究極のロック100曲!58位〜60位
58位 : マイケル・ジャクソン 「Billie Jean」 この「Billie Jean」が含まれるマイケル・ジャクソンの’82年作 『Thriller』は総セールス枚数2600万枚を誇る文字通りのモンスターアルバムだ。 このアルバムが発売された80年代はビデオ・クリップの効果もあり、まさにマイケル一色だったような印象が強い。 当時、私は高校生だったのだが、「普段は洋楽なんて聴かない」とか「UKロック以外はクソだ!」「ハード・ロック一筋!」なんて言っていた硬派な同級生達でさえもこのアルバム... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/05 00:18
究極のロック100曲!54位〜57位
54位 : パーシー・スレッジ 「When A Man Loves A Woman」 「男が女を愛する時」という邦題のこの曲は今でもテレビCM等でよく使われているので、誰でも一度位は耳にしたことがあるだろう。 この曲がタイトルになっているアルバム(飾られた花の後ろで黄昏た表情をしている女性の写真)のジャケは少し陳腐ではあるが60年代を感じさせる不思議な雰囲気がある。 私はこの曲を聴いてもパーシー・スレッジの顔は思い出せないが、今でも変わらないそのジャケの方をイメージしてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/04 01:24
究極のロック100曲!51位〜53位
51位 : グランドマスター・フラッシュ&ザ・フューリアス・ファイヴ 「The Message」 今回の100曲のCD作成にあたり、私がはじめて購入したヒップホップの曲になった。 ’82年の同名タイトルのアルバムに入っている。 これから聴き込まなくては...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/27 20:55
究極のロック100曲!48位〜50位
48位 : ジミ・ヘンドリックス 「All Along The Watchtower」 ジミ・ヘンドリックスという人は天才ギタリストという他に優れたリスナーであったのかも知れない。 彼のコンサートでは古いブルース曲以外にも 当時発売されたばかりの他のアーティストの曲、例えばビートルズの「Sgt. Pepper」のタイトル曲やクリームの「Sunshine Of Your Love」などがいち早く演奏されている。 これらは恐らくジミのインスピレーションによって選曲されたものだろうが、彼の手にかか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/02/26 03:17
究極のロック100曲!44位〜47位
44位 : レイ・チャールズ 「Goergia On My Mind」 「我が心のジョージア」はスタンダード曲だが、レイ・チャールズのオリジナルのようなイメージが強い。 それはレイがジョージア州出身である事やこの曲が州歌になっている事もそうだが、レイ自身の代表曲として今でもラジオ等で耳にしたり、彼に影響を受けたと思われるアーティスト達が競ってカヴァーしている事もその要因だろう。 そしてそのカバー曲の多くはどれもレイのヴァージョンをお手本にしているような気がするのだ。(特にそのヴォーカルスタイル... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/25 19:03
究極のロック100曲!41位〜43位
41位 : ザ・バンド 「The Weight」 ザ・バンドの68年のデビューアルバム『Music From Big Pink』が発表されると、アメリカ南部のルーツミュージックに根ざしたその泥臭い音楽は他の多くのアーティスト達に影響を与えた。 彼らの強みはロビー・ロバートソンが書く曲の良さ、ガース・ハドソンを中心とする確かな演奏力、そしてリチャード・マニュエル、レヴォン・ヘルム、リック・ダンコの個性的な3人のヴォーカリストの素晴らしさだといえるだろう。 「The Weight」は基本的にカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/18 21:21
究極のロック100曲!38位〜40位
38位 : ザ・ローリング・ストーンズ 「Gimme Shelter」 以前にも記事にさせてもらったが、私がはじめて買ったストーンズのアルバムが『Let It Bleed』であり、今でも一番のお気に入りで何度聴いても飽きることがないマストアイテムとなっている。 前作の『Beggar's Banquet』はストーンズが彼らのルーツミュージックに立ち戻ったアルバムとして名高いものだが、『Let It Bleed』ではそれらを完全に消化しその後に続く自らのスタイルを確立したアルバムと言うべきものだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/02/14 23:06
究極のロック100曲!34位〜37位
34位 : ザ・ライチャス・ブラザーズ 「You've Lost That Lovin' Feeling」 ライチャス・ブラザ−ズといえば日本ではテレビCM等で頻繁に使われている 「Unchained Melody」の方がよく知られていると思うが、彼らの最高傑作は間違いなくこの「You've Lost The Lovin' Feeling(邦題:ふられた気持ち)」だろう。 この曲もフィル・スペクターがプロデュースを手がけている。 スペクターといえばおなじみの<ウォール・オヴ・サウンド(音の壁... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/12 01:47
究極のロック100曲!31位〜33位
31位 : レッド・ツェッペリン 「Stairway To Heaven」 現在では考えられない話だが、’69年のデビューからしばらくの間、レッド・ツェッペリンに対するメディアの評価は最悪のものだったらしい。 ローリング・ストーン誌にしても彼らのファーストアルバムに対して <ブルースの名曲を台無しにする演奏。感覚が麻痺するほどドラッグをやってなければ楽しめない音楽>と酷評している。(決してそんなことはない) そんな喧騒を避けるかのようにイギリスの片田舎にこもってつくられたのがこの偉大な曲だ。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/02/08 22:52
究極のロック100曲!27位〜30位
27位 : デレク・アンド・ドミノス 「Layla」 この曲との出会いは確か中学校の学園祭のときだった。 どこかのクラスで<高額のオーディオシステムで音楽を聴こう>みたいな出し物があり、バカでかいアンプやスピーカーを並べてこの曲を大音量で流し続けていたのである。 当時まだビートルズを聴き始めていたばかりの私はカッコいいギターのリフに衝撃を受けつつも、エリック・クラプトンというギタリストの名を記憶に留めるだけで、自分にとっては別世界の音楽のように感じられた。 ようするに聴く耳が幼かったということ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/02/02 23:17
究極のロック100曲!24位〜26位
24位 : ジ・インプレッションズ 「People Get Ready」 カーティス・メイフィールドのファルセットボーカルと彼の独特のギターフレーズが印象的な美しいソウルバラードだ。 私としては ’85年にロッド・スチュアートとジェフ・ベックがカヴァーしたヴァージョンにものすごく感動したのでこちらに軍配を上げたい。二人のビデオクリップも感動的で涙ものだ。(ベックのアルバム『Flash』とロッドのベスト盤で聴くことが出来る) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/01/31 02:31
究極のロック100曲!21位〜23位
21位 : ブルース・スプリングスティーン 「Born To Run」 「明日なき暴走」という邦題がはまりすぎるほど疾走感あふれるロックだ。 スペクターサウンドを再現する目的で多くの楽器がオーバーダブされたということだが、その試みは十分効果的で分厚いウォール・オブ・サウンドになっている。 でもなぜにスペクター・サウンドなのだろうか?。 この曲が発表された’75年といえば同じニューヨークの雄(キング・オブ・ニューヨーク・ストリート)であるディオン(ディムーチ)が フィル・スペクターのプロデュース... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/29 02:22
究極のロック100曲!18位〜20位
18位 : チャック・ベリー 「Maybellene」 チャック・ベリーの記念すべきデビュー曲なのだが、驚くべきはこの時点ですでに彼はR&Bに白人の音楽だったカントリーを巧みに取り入れた独自のスタイルを確立している事だ。 強烈なギターのイントロに導かれて繰り出すリズムはまさしくロカビリーのスタイルだ。 「Johnny B. Goode」(7位)はチャックの代表作だが、こちらはロックの歴史的名曲なのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/28 22:57
究極のロック100曲!14位〜17位
14位 ボブ・ディラン 「Blowin' In The Wind」 知らず知らずのうち自然に覚えてしまっていた曲だ。 ある時はテレビ番組で観た日本の多くのフォークシンガー達のカバーによって、あるいは学校の音楽の時間に、そしてディランが自ら歌ったものではじめて耳にしたのは ジョージ・ハリスン主催の 『Concert For Bangla Desh』 での少しカントリー風にアレンジしたバージョンだった。 ずっと後になって、名盤 『Freewheelin'』を購入しこの曲のオリジナルをはじめて聴いた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/25 23:47
究極のロック100曲!11位〜13位
究極のロック100曲 11位以降である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/22 15:12
究極のロック100曲!8位〜10位 
「究極のロック100曲」のトップ10最後の3曲である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/18 00:04
究極のロック100曲!第4位〜7位
引き続き米ローリング・ストーン誌選の「究極のロック100曲」である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/01/15 23:30
究極のロック100曲!トップ3 
米ローリング・ストーン誌が選んだ「究極のロック100曲」を全て集め、カーステで楽しんでいる。 トータルで6時間以上もあるのでしばらく退屈せずにすみそうだ。 せっかくなので100曲全てコメントしてみようと思う。(マラソンは得意ではないが...) はじめにトップ3から 1位 : ボブ・ディラン「Like A Rolling Stone」 名盤『Highway 61 Revisited』のトップを飾るディランを代表する曲だ。前作『Bringing It All Back Home』ではじめてロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 31 / コメント 1

2006/01/15 00:11
究極のロック100曲!
ロッキング・オン・ジャパン/1月増刊号「SIGHT」で 「究極のロック100曲」という特集が組まれている。 この特集は米ローリング・ストーン誌がロック生誕50周年を記念して企画した「名曲ベスト500」を翻訳した記事であり、トップ100までの曲についてきっちり翻訳してくれているので大変ありがたい内容だった。 この「名曲ベスト500」を選考しているのが全世界の音楽関係者172人の審査員ということなのだが、その顔ぶれがすごい。 ざっと挙げてみると ブライアン・ウイルソン、 ジャック・ブルース、 エル... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/01/13 22:15
John Lennon / Stand By Me
John Lennon / Stand By Me 昨年末の記事でビートルズの米編集盤『Hey Jude』のジャケが好きだと述べたが、他にジャケが好きなアルバムの中にジョン・レノンの’75年作 『Rock'n' Roll』がある。 このアルバムのジャケにはまだ革ジャン姿の頃のつっぱり(死語!)ジョンの写真が使用されていて、それだけでも『Rock'n'Roll』というタイトルにふさわしいものになっている。 ただ残念ながら、私が思うに肝心の内容の方はその秀逸なアルバムカヴァーほどにはロックンロールしていない様に感じられる。 アルバム制作当初、ジョ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/07 01:47
The Beatles / Hey Jude
The Beatles / Hey Jude ここ数年、ビートルズを聴いてその年を締めくくることにしている。 いや、ビートルズの曲で締めくくるというより「Hey Jude」 を聴いて締めくくるというのが正確だろう。 とはいっても別にこの曲が年末に関係がある訳でもなく、ただ単に 「Hey Jude」の持つ雰囲気が年の暮れにふさわしいと勝手に感じているだけで、私にとっての「蛍の光」みたいなもんである。 元々ジョン・レノンの息子ジュリアンを励ます為にポールが書いた歌詞の内容も <よくよするなよ、また楽しい日々がやってくる> というもので、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/30 22:20
クリスマスな名曲
それにしても今年はクリスマスソングをよく聴いた。 多くのサイトのクリスマスソング記事やシンコーミュージックの「the DIGクリスマスソング特集」などに刺激を受けたこともあって、以前から所有していたアルバムを棚から引っ張りだしたり、新たにCDを購入したり、それでも足りないものはネットからダウンロードしたりして自分なりのクリスマス全集みたいなものをつくり12月はじめから聴き続けていた。 セレクトした曲は100曲以上にもなってしまっていたのだ。 前に記事にしたブルース・スプリングスティーンとプリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/12/24 01:45
ジョンの死
あの悲劇からもう25年も経ってしまったんだ... 当時中学生だった私は、ビートルズを知り、他の洋楽にも興味を持ち始めていたのでFMラジオの洋楽番組のエアチェックを頻繁にしていた。 そんな中、ダイアナ・ロスやドゥービー・ブラザースの新曲に混じってジョン・レノンの「Starting Over」が流れたのだ!エアチェックも完璧だった。 その頃、ジョンとジョージ・ハリスンの新作がほぼ同時期に発売予定であることを事前に情報としてつかんでいた私は、「ジョンのアルバムはたぶん友人のT君が買うだろうから自分... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/09 01:27
Bruce Springsteen / Santa Claus Is Comin' To Town
サンタ・クロースはサックスを演奏していたのか!? 最近、30周年記念エディションが発売された’75年の『Born To Run』で確固たる地位を確立したブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)は、その年の暮れのライヴでクリスマスソングを披露している。  曲は 「Santa Claus Is Comin' To Town」という誰もが知っているスタンダードだが、さすが絶頂期のライブだけあってEストリート・バンドの演奏を含め、そのノリは凄まじい。 ピアノの鍵盤の高い部... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/09 00:08
The Pretenders / 2000miles
The Pretenders / 2000miles  数あるクリスマス・ソングの中でも プリテンダーズ(The Pretenders)の 「2000miles」は異彩をはなっている。 プリテンダーズはイギリスのバンドだが、中心メンバーのクリッシー・ハインド(Chrissie Hynde)はアメリカ人であり、パンクブーム後半にイギリスでバンドを結成しファーストアルバムからヒットを飛ばしたロック姐御だ。 バンドはその成功から一転して深刻なドラッグ渦によりギタリストのジェームス・スコットとベーシストのピート・ファードンを亡くし一時活動停止を余儀なくさせ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2005/12/04 01:18
The Kinks / Waterloo Sunset
The Kinks / Waterloo Sunset 60年代に独特のキンキーサウンドで「You Really Got Me」という今やスタンダードになっている名曲でヒットを飛ばしたキンクス(The Kinks)は多くの名盤を世に出している。 バンドの中心人物のレイ・デイヴィス(Ray Davies)は天才的コンポーザーだが、60年代当時のグループの多くはお互いに影響を与え合っていたようにも思える。彼らの傑作 『Something Else By The Kinks』を聴くとそこにはビートルズやストーンズ、更にはベルヴェット・アンダーグラウンドの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/11/26 03:33
Felix Cavaliere / Dreams In Motion
Felix Cavaliere / Dreams In Motion 60年代に活躍した ブルー・アイド・ソウルと呼ばれたグループ、ヤング・ラスカルズ(Young Rascals)の中心メンバーのフェリックス・キャバリエ(Felix Cavaliere)は バンド解散後5枚のソロアルバムを発表している。 ’74年のファーストソロから’79年の4作目の『Castles In The Air』までは1〜2年おきにアルバムを発表しているが、それ以降10年以上もの長いブランクに入っている。 90年代に入るとプロデューサー、ドン・ウァズの手により、引退寸前だったかつての名... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/23 22:45

続きを見る

トップへ

月別リンク

名曲 怖いもんなし!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる